2017年4/8(土)ふちがみとふなととすみちゃんの晩ご飯@うどん屋の2階

2017.03.29 Wednesday

0

    4/8(土) うどん屋の2階で、心とお腹にしみる美味しいライブ !!

      〜もうすぐ締め切りお申し込み急げ〜

    ふちがみとふなと

     すみちゃんの晩ご飯@うどん屋の2階

     

     

    近所のすみちゃんがやってる「みくり食堂」のご飯が美味しくて、
    何とかこの美味しいご飯を食べながら、ふちがみとふなとの唄を聴けないかと、
    前から妄想していました。
    ライブの前後ではなく、まさに食べながら聴いて欲しいので、
    ライブのスタートがいただきますしてからすぐになります。

    食べながら聴くなんてお行儀悪いし、
    ふちがみとふなとのお二人にも失礼とは思いつつ、
    この組み合わせの誘惑に勝てず、
    このライブ企画をご提案させて頂きます。


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    2016年4月8日(土)
    うどん屋の2階ライブ〜ふちがみとふなととすみちゃんの晩ご飯

    絹延橋うどん研究所のある川西市の隣町・池田市に、
    すみちゃんがやっている「みくり食堂」という10席あまりの小さな食堂があります。
    夜営業もしてるから、絹う研の一週間が終わった日曜日の夜、
    へろへろになってたどり着いた私たちを、ニコニコしながら迎えてくれる
    灯台の灯りの下にある港のような食堂です。

     

    そこで食べられる夜ご飯は、ひとつひとつ丁寧に作られた、
    心と身体に染みこむようなおかずやご飯で、何とかたどり着けた日曜日の夜、
    私たちはここで命の洗濯をするのです。

     

    ふちがみとふなとの唄を聴いているとすみちゃんのご飯を思い出します。
    at home〜坂をのぼる〜あじさい〜その夕暮れ〜
    ふなとさんのベース一本でささやくように流れる純子さんの唄、
    ひとつひとつの言葉と旋律を大切に拾い上げて私たちの胸に染みこんでゆく。

     

    すみちゃんのご飯も、ふちがみとふなとの歌の世界も、
    もっと広く多彩な広がりを持っているのですが、
    ただただ思うのは、

    すみちゃんの晩ご飯を食べながらふちがみとふなとの唄を聞く
    幸せな時間をみんなと一緒に過ごしたい。

     

    ええっ、いゃぁ〜プレッシャーやわぁ〜
    私のこんな妄想を聞いてすみちゃんは恥ずかしそうにするのですが、
    お客さんはもちろん、絹う研の私たちもすみちゃんも、
    みんなで一緒にライブを聴けるようにしたいんや
    みんなで色々手伝うから・・・と説明すると、
    笑いながら了解してくれました。
    何しろすみちゃんはふちがみとふなとの大ファンなので・・・ふふふ。

     

    ライブのチケット代と晩ご飯代で、料金は少しゴージャスになってしまいますが、
    むしろこのゴージャスな組み合わせは夢のディナーショーと申しますか、
    料金を遙かに上回る楽しい時間を過ごして頂けること請け合いです。

    絹う研も頑張って「ウエルカムミニうどん(?)」をもれなく付けさせて頂きます。

     

    そして、桜の咲くころ、うまくタイミングが合えば、
    猪名川の土手、夜桜の帰り道付きのライブになるかも知れません

     


    2016年4月8日(土)
    うどん屋の2階ライブ

    〜ふちがみとふなととすみちゃんの晩ご飯

     

    ▶受付開始・開場18時 ▶開演18時45分
    (遅れる方へ、ご飯は19時15分までお出しできます)

     

    【会場】 カフェ・ライブハウス うどん屋の2階
    川西市小戸3丁目23-6 絹延橋うどん研究所2階
             阪急宝塚線川西能勢口で能勢電鉄乗り換え一駅目「絹延橋駅」よりすぐ
       ▶大阪・梅田より40分ほど

     

    【料金】 必ずご予約下さい
    4000円(すみちゃんの晩ご飯とウェルカムミニうどん付き)
    ▶子どもさん同伴は可能ですが、小学生以上は同一料金です。
    ▶小学生未満は無料・食事は取り分けでの参加可能ですが、
    落ち着いて食事ができライブが聴けるようにお願いします。

    ▶今回のライブはご飯付きの企画です、ライブのみの設定はありません。
    ▶アレルギー等、ご要望がありましたら事前にご相談下さい。
    ▶当日のキャンセルはできません。(ご飯は19時15分まで出せるようにします)

     

    【予約】予約専用メール 3gai★nguzu.net ←★を@に変えて送信
    件名を「ふちふなと晩ご飯」とし、氏名・人数・住所・電話番号をお知らせ下さい。
    自動受信メイルの後、2日以内に予約可否のメイルが届き完了です。
       ▶メイル予約が困難な場合、下記電話か店頭で。
    ▶限定30名。できれば仕込みの都合上4/4(土)夜までに予約下されば嬉しいです。

     

    【問】電話:072-767-7639 メイル:kinuuken@nguzu.net 所長携帯:090-4291-0122
    HP:http://r.goope.jp/kinuuken     ブログ:http://kinublog.jugem.jp/

    2017年4月3日(月)春休み子ども大作戦〜所長とうどんを作っちゃおう!!

    2017.03.03 Friday

    0

      短い春休み、

      楽しくみんなでワイワイうどんをつくっちゃおう!



      お店でも春になると天ぷらになる山菜をみんなで観察するよ。
      うどんの絵本?山菜の絵本読み聞かせ?!どんなかな〜。
      お楽しみデザートの春ゼリーも作るよ。
      小学生以上みんな集まれ〜!

      お手伝いしていただけるおにいさん、おねえさんボランティアさんも同時募集。

      (お礼にこどもと一緒にお昼食べていただきます)


      定員 小学生以上中学生まで・・・12名こどものみ
      料金 300円
      持ち物 エプロン 三角巾 手拭きタオル

      メニュー ミニこども食堂
      手作りうどん
      山菜天ぷら
      お楽しみ春ゼリー
      卵 乳製品は使いません。

      ご予約、ボランティア応募は

      絹延橋うどん研究所まで
      0727677639

      mail▶3gai★nguzu.net →★を@に変えて送信

      件名「春子ども大作戦」
      ご予約時にお名前、緊急時の連絡先、お子様の年令・今の学年をお伺いします
      預かり保育ではありませんので、ご了承下さい。

      2017年3/28(火)栗原先生の春休み子どもフラワーアレンジメント

      2017.02.22 Wednesday

      0

        2017年3/28(火)

        栗原先生の春休み子どもフラワーアレンジメント

        @絹延橋うどん研究所

        画像に含まれている可能性があるもの:花、植物、室内

        大人のフラワーアレンジメントの時に同伴しているちびっこちゃん達が

        私もしたい!と言っているので春休み企画です。(^^)
        栗原先生が選んだ春のお花を使います。

        お花の説明から始まり、花を活けて、

        最後は花器を工作で飾り付け。
        お約束は親御さんは口出し、お手伝いはなしで見守ってくださいね。
        毎回こどもって凄い集中力なんですよ。
        お茶でも飲んでほっこりしてお待ちください。

        持ち物 牛乳パック、花切りバサミ、持ち帰り袋
        料金は 1000円
        付き添いの保護者様ワンオーダーお願いします。
        定員15名
        ご予約は絹延橋うどん研究所まで

        ・子どもさんのお名前

        ・学年(年齢)

        ・電話番号

        ・住所

        ・付き添いの保護者のお名前

        を、お知らせ下さい。

        メイル 3gai@nguzu.net
         電話   0727677639
        予約締め切り3月20日

         

        FBページ

        https://www.facebook.com/events/1208516659195548/

         

        2017年2/7(火)栗原先生のミモザリースレッスン

        2017.01.20 Friday

        0

          クリスマスリースの栗原先生による

          黄色のきれいなミモザのリースのレッスンです。

           

          絹延橋うどん研究所
          栗原先生のミモザリースレッスン

          2017年2月7日(火)10時半から12時

           

            持ち物  花切りばさみ  持ち帰り袋
            料金   2500円(別にワンドリンクオーダー要)

            限定15人

           

            保育はありませんがお子様連れもどうぞ。
            予約は絹延橋うどん研究所迄
            0727677639
            予約締め切り1/29まで

          2017年3/26(日) 浜田真理子入門4「真理子の部屋〜上級編」

          2017.01.12 Thursday

          0

            2017年3/26(日)浜田真理子入門4「真理子の部屋〜上級編」

            ←Sold-out・・・受け付け終了しました。

            多数ご予約ありがとうございました。

            うどん屋の2階での浜田真理子入門もとうとう4回目を迎えました。

             

            うどん屋の2階での真理子さんの初めてのライブは

            2014年3/23(日)初めての真理子さん

            〜浜田真理子入門@うどん屋の2階ライブvol.24

            その時の文章を以下に再掲します

            ・・・・・↓
            京都は宇治の駅から少し行ったところに、
            「えぜこ」という町屋を改造したカフェがあった。2010年の夏、
            「ふちがみとふなと」がライブをしたという、
            HPで見てあこがれていた「えぜこ」を
            ようやく訪ねることができた。

            古い町屋にゆったりとした時間が流れ、
            古いだけでない、いごごちの良い内装と、
            ゆったりとさっぱりと話すお母さんと娘さんに、
            すっかり身も心も緩んでしまってのんびり過ごしてしまった。

            ずっと流れていた女性ボーカル、初めて聴いた浜田真理子。
            帰り際教えて貰って思わずその場でCD購入。
             
            その「えぜこ」は、再訪かなわず閉店。
            あぁ、もう一度あの空間で聴いてみたかった。
             
            音楽は、記憶をはっきりとした映像とともによみがえらせる。
            その時の光もニオイすらも。
             
            そんな幸せな出会いをさせて貰った「浜田真理子」
            もう、情熱大陸などで紹介されていて、
            知る人ぞ知るぞ「浜田真理子」
            こんな出会いで本当に良かった。
             
            「えぜこ」の遺志を勝手に引き継いで、
            2011年3月3日オープンにこぎ着けたうどん屋
            その2階の、カフェ・ライブハウス「うどん屋の2階」では、

            浜田真理子がヘヴィローテーションだ。
             
            いつか、誰かの記憶に、
            うどん屋の2階で初めて聴いた「浜田真理子」として、
            よみがえるといいな、そんなことがあれば光栄だな。
             
            まだ知って4年足らずだというのに、
            浜田真理子の歌は胸の奥に懐かしく根付いている。
            まさに、血と肉になっているみたいだ。
             
            島根県の松江で、
            ゆっくり腰を落ち着けて、
            自らの日常のフィルターを通しつつ
            冷静に辺りを見回しながら、
            遠くまで見通している。
             
            地元、松江でたびたび行われるライブは、
            身近にその歌が聞けるのだろう。
            店を始めてなければ、
            きっと高速バスで松江に通ったに違いない。
            高知へ、矢野絢子の歌小屋の2階に通ったように。
             
            毎年、クアトロで行われるライブ、
            それが楽しみだけど、
            そう、浜田真理子の歌をもっと近くで、
            本当は生で聴いてみたい。
            CDや電波や電流に変換されない、
            何かが、きっと聞こえそうな気がするから。
             
            そんな思いを込めて、
            二年前からうどん屋の2階へのお誘いをはじめて、
            この度やっと実現した。
             
            わたくし、「絹う研」所長が
            絶対の自信を持ってお勧めする浜田真理子ライブ、
            みんなにきいて欲しい、
            知らんかった人も、知ってた人も、
            こぞってうどん屋の2階へ来て欲しい。
             
            いや、ホンマは半分くらい
            そんなんはどうでもいいねん。
            誰も来ていらん、
            浜田さんがうちのエテちゃん弾きながら、
            好きな歌を唄うのを横でずっと聞いていたい。
             
            そんなホンネもなくはない・・・けど、
            やっぱり皆さんいらっしゃい。
            知らんかった人も、知ってる人も、
            うどん屋の2階で、ゆっくりゆったり、
            心もお腹も満たされるライブ、
            お楽しみに。
            入門編・初級編・中級編と、ますますディープになるライブ。
            今度の上級編は、中級編をクリアしたものにのみ許されるライブ・・・嘘です。
            初めての方も大歓迎。浜田真理子の胸にしみいる唄を、
            目の前でじっくりお楽しみ頂けます。
            オープニングアクトには、昨年も来てくれた胡池マキコさんが四日市から。
            今年もあのまっすぐな歌声を聞かせてくれるかな。
            ライブ終了後は、浜田さんやお客さんみんなで桶うどんを囲みます。
            お腹も心もあったかくなるライブ。
            例年満席になっていますのでお早めにお申し込み下さい。

            ↓↓↓↓↓

             

            2017年浜田真理子入門4「真理子の部屋〜上級編」

            2017年3/26(日)

            浜田真理子入門4

            「真理子の部屋〜上級編」
             

            【出演】 浜田真理子

              OA 胡池マキコfrom四日市
            受付開始16時・・・

            開場16時半・開演17時
            ※ 終演後、みんなで桶うどんを囲みます


            【会場】
            カフェ•ライブハウス「うどん屋の2階」
            〒666−0014
            兵庫県川西市小戸3-23-6 絹延橋うどん研究所2階
            阪急宝塚線「川西能勢口」
            能勢電鉄乗り換えでひと駅「絹延橋」より1分30秒。
            大阪梅田より所要時間およそ30分
            ※駐車場少ないので、できるだけ電車でお越し下さい。

             

            【料金】できるだけ予約を・・・定員に達し次第終了
            大   人3500円/当日4000円(+540円のワンうどん)
            中高生2000円/当日2500円(+540円のワンうどん)
            小学生1500円/当日2000円(+540円のワンうどん)

             

            【予約】
            予約専用アドレス 3gai⚫︎nguzu.net (⚫︎を@に変えて送信)
            件名を「真理子上級うどん」とし、
            氏名、住所、枚数、種別、電話をお知らせ下さい。

            折り返しの受付メイルの後の
            予約可否のメイルで受付完了となります。

            メイルが困難な方は
            ・電話 絹う研072-767-7639
                  所長携帯090-4291-0122
            ・または店頭でスタッフに直接

            【お問い合わせ】
            カフェ•ライブハウス「うどん屋の2階」
            上記の電話か こちらのアドレスへ
            kinuuken⚫︎nguzu.net (⚫︎を@に変えて送信)

            2017年1/27(金)カルマンライブ@うどん屋の2階

            2017.01.05 Thursday

            0

              カルマン@うどん屋の2階ライブ

               


              昨年、小松崎健さんとの20年来の思いが通じて、実現した

              7.10(日)野口★健withトシバウロン〜アイリッシュナイト@うどん屋の2階

              あの素敵な響きがまだ心の隅に残っている1月、

              今年はカルマンでライブが決まりました。

               

              馬頭琴、ハンマーダルシマー、バウロンが織りなす音楽曼荼羅。

              2014年の小豆島ツアーをきっかけに結成された、

              モンゴルやアイリッシュ、日本の民謡などトラッド・フォークを演奏するバンド、カルマン。

               

              カルマン(Karman) プロフィール

              岡林立哉:馬頭琴、ホーミー

              小松崎健:ハンマーダルシマー

              トシバウロン:バウロン

              モンゴルの大草原に一瞬で誘われるような馬頭琴と喉歌ホーミーの響き。

              誰もがその音色の虜になってしまう中世ヨーロッパの楽器ハンマーダルシマー。

              そしてアイルランドの太鼓バウロン。それは鼓動の音に喩えられる。

              ”カルマン”ー気象用語の「カルマン渦」より。

              流れのなかに障害物を置いたとき、

              または流体中で個体を動かしたときにその後方に交互にできる渦の列のことをいう。

              モンゴルやアイルランドの伝統音楽をベースに

              新たなアイデアや実験を加え個性的かつ普遍的音楽を目指す。

              ダルシマー、馬頭琴、バウロンという倍音を多く含む珍しい楽器を使い、

              モンゴルの伝統的な唱法ホーミーを大胆に取り入れ、音響的にもユ ニークな音楽を創造する。

               

              馬頭琴と言えば「スーホの白い馬」

              教科書にも載ってるらしいけど、

              生で見聞きしたことのない人も多いかな。

              もちろんバウロンも、ハンマーダルシマーも。

              その素敵な音色を存分に楽しんで下さい。
               

              そして、

              五月山動物園のアルパカに

              ホーミー(的なもの)を執拗に聴かせて、

              アルパカ達はもとより、

              飼育員のみなさんに警戒された経歴を持つ

              ワタシは、個人的にはホーミーがとても楽しみ!!

               

              カルマン@うどん屋の2階ライブ

              1月27日(金) 兵庫 川西 うどん屋の2階
              18:00受付開始/18:30open/19:00start
              予約2500円/当日3000円+ワンうどん540円〜(ドリンクに変更可)
              ※今回はライブ前にお好きなうどんを一階で召し上がっていただく前うどん制です。

               

              中高生1000円・小学生以下無料(うどん代は要)
              【予約】予約専用メール 3gai★nguzu.net(★を@に変えて送信)
              件名「カルマンうどん」で氏名、住所、枚数、種別、電話を送信。
              【問】店:072-767-7639、所長090-4291-0122 

               

               

               

               

              2017年1/21(土)矢野絢子@うどん屋の2階ライブ〜歌小屋通いの頃から

              2016.12.15 Thursday

              0


                矢野絢子@うどん屋の2階ライブ
                〜 歌小屋通いの頃から

                 

                2004年から2011年

                矢野絢子が「歌小屋の2階」から飛び出し

                メジャーで活動を始め再び歌小屋に戻り、

                そしてまた歌小屋から全国に打って出る7年間。

                絹う研所長が矢野絢子と出会い、

                歌小屋通いを経て「保育所の3階ライブ」をスタート。

                そして、28年勤めた職場を退職し、

                絹う研と「ライブハウスうどん屋の2階」を始めた7年間。

                 

                この間の97枚の写真から得た

                インスピレーションで構成されるライブ。

                過去を懐かしみ振り返ると言うより、

                現在の立ち位置を再確認し、

                お互いがまた未来について考えてみるというライブ

                 

                これは所長と矢野絢子との出会いだけど

                あなたと矢野絢子、いや、あなたが誰かと、何かと出会って、

                何かが変わる転機になったことがあるかも。

                 

                そんなことに共感できるライブ、

                矢野絢子の知らない面に出会えるライブになるかも知れません。

                 

                2017年1/21(土)17時半受付開始
                18時開場、18時半開演、前うどん

                 

                【料 金】 予約料金(当日はプラス500円)
                大人 3000円(+ワンうどん540円〜)
                中・高生 1500円(+ワンうどん540円〜)

                 

                【予約】
                ■予約専用アドレス (※予約以外のメイル送信お断り)

                3gai★nguzu.net ← ★を@に変更し送信     へ
                件名を「矢野歌小屋通い」とし、
                氏名、住所、枚数、電話をお知らせ下さい。
                折り返しの受付メイル後の予約可否のメイルで受付完了となります。
                ■メイルが困難な方は
                 ・電話 絹う研072-767-7639 所長携帯090-4291-0122
                 ・または店頭でスタッフに直接

                 

                【お問い合わせ】
                カフェ•ライブハウス「うどん屋の2階」
                kinuuken★nguzu.net ← (★を@にして送信)
                または上記電話へ

                 

                【参照】
                うどん屋の2階ブログ    http://udonyanonikai.jugem.jp/
                絹う研 http://r.goope.jp/kinuuken

                 

                 2004年10月24日、今はなき大阪・茨木ビブレのインストアライブ。

                おっかなびっくりで出掛けていった絹う研・所長(当時は堅気?のサラリーマン)が

                怒り狂ったようにエレピを弾き唄う矢野絢子と史香を、びびりながら聴いたのが最初。

                 その年末のカウントダウンジャパン・東京遠征を経て、当時メジャーで活動を始めていた矢野絢子が

                テレビやラジオ雑誌で熱く語る「歌小屋の2階」。ネットを探り先輩諸氏の歌小屋遠征記録を読みながら

                まだ見ぬ歌小屋の2階に思いを巡らす。

                 70才で父が往き、自分もそうなら後24年の人生。やり甲斐もあり必要ともされる仕事と仲間に恵まれているが、

                オレの人生これでOKか、この道で悔いはないか、自分らしい自分でなければならない生き方か。

                考え始めた時期と一致した出会い。

                 ええ年したおっさんが、高速バスで初めて歌小屋の2階を訪れたのが2005年2月8日。

                ビジネスホテル高知に荷物を置き、ホテルで借りた自転車で潮江橋を渡り、

                日がすっかり暮れた市電の走る道をてろてろ走って左に曲がった先に歌小屋の2階の灯りが見えた。

                 

                 

                 それから、どこにゆくのかオレ・・・という気持ちも抱えつつ歌小屋通いの日々が始まり、

                メジャーをやめる矢野絢の再出発をきっかけに「保育所の3階ライブ」をスタート。

                2010年3月に28年間勤めた職場を辞し一年後、

                2011年3月3日絹延橋うどん研究所・ライブハウスうどん屋の2階を始める。

                 

                 

                 この私の七年。矢野絢子にとってもメジャーから高知に戻り、更に新しい形で高知から打って出る

                活動への転換と、ライブハウス歌小屋の2階も、移転し劇場歌小屋の2階に姿を変える時期であった。

                 

                 この時期のこと、当時の写真を見てイメージしたことが今回のライブのテーマ。

                 

                 1つの人生と音楽との出会い。ミュージシャンにとってもたくさんの出会いに支えられて音楽人生は進んでゆく。

                今まで知らなかった矢野絢子、忘れていた矢野絢子、これからの矢野絢子。

                 

                 このライブではあなたの知らない矢野絢子に出会えるかも知れません。


                2016年12月10日(土)第11回うどん屋の2階寄席

                2016.11.19 Saturday

                0

                  11回目のうどん屋の2階寄席。

                  良くここまで来たとおもう。

                  師走のひととき、暖かいうどん屋の2階で、

                  ゆっくり落語をお楽しみ下さい。

                   

                  2016年12/25(日)かとうかなこアコーディオンライブ〜冬の夜空に唄う歌 2016

                  2016.11.17 Thursday

                  0

                    今年もあと1ヶ月あまり。

                    クリスマス、年末といえば・・・

                    うどん屋の2階に響く歌うようなアコーディオンの調べ。

                     

                    さぁ、今年も

                    かとうかなこと愉快な仲間たち(?)

                    素敵な夜を過ごそう。

                     

                     

                    うどん屋の2階ライブ 
                    かとうかなこアコーディオンライブ
                    〜冬の夜空に唄う歌 2016

                    日時 2016年12月25日(日)    

                    受付開始・開場16時 開演16時半

                    会場 ライブハウスうどん屋の2階
                       川西市小戸3-23-6 絹延橋うどん研究所2階
                      阪急宝塚線「川西能勢口」より能勢電鉄ひと駅
                       「絹延橋」下車徒歩1分ちょい
                      ※阪急・梅田より30分程          
                      店 http://r.goope.jp/kinuuken
                      ブログhttp://udonyanonikai.jugem.jp/

                    出演 かとうかなこ(クロマチック・アコーディオン)
                         川瀬眞司(ギター)
                         田中良太(パーカッション) 

                    チケット料金
                    大人       3000円+ワンうどん600円
                    中・高生     1500円+ワンうどん600円
                    小学生         1000円+ワンうどん600円
                    席の必要な幼児  1000円+ (幼児のうどん代は不要)
                    席の不要な幼児は無料、
                     (うどんはドリンクにも変更できます)
                    ※ただし、特に子ども向けのライブというわけではありませんのでご了承下さい。
                    (でも、子どももきっと楽しめると思います)

                    ワンうどん・・・
                    終演後18時半頃より、出演者、お客さん、
                    スタッフ入り乱れて桶うどんでうどんタイム。

                    申し込み (必ずご予約をお願いします)
                      予約専用メール  3gai★nguzu.net ← ★を@に変えて入力
                      件名を「かとうかなこ冬の夜空2016」とし、
                      チケットの枚数・種類 ・氏名・住所・お電話をお知らせ下さい。
                      取り敢えず、自動返信メールが届いてから、
                      予約可否のメールが届きます。

                    お問い合わせ kinuuken★nguzu.net ←★を@に変えて入力
                     メール予約が困難な場合はこちらへ
                     絹延橋うどん研究所     072-767-7639
                     うどん屋の2階ライブ 永尾 090-4291-0122

                    ※定員に達し次第受け付け終了とします
                     

                    2016年11月5日(土)6日(日)いけばな展〜生活をいける華道「華原の会」川西中央教室社中展

                    2016.11.01 Tuesday

                    0

                      絹う研設立当初から、うどん屋の2階に素敵ないけばなを生けにきてくれていたYさん。

                      前の職場の先輩で、長い付き合いになるし、なんと佐渡島の実家で義弟さんが育てた、

                      産地限定のコシヒカリ(なべちゃん米)を分けていただいてもいる。

                       

                       そのいけばなは少し変わっていて、野の花をいける。

                       その辺に生えている雑草の姿に何かを見つけて、

                       鉢の上でそれを再現するのだろうか。

                       高い花を買うのではなく、誰にでも手がとどく、

                       そんないけばなの形を受け継いでいるという。

                       

                       Yさんが週2回絹う研へ野の花を持ち自転車を駆って現れた時、

                       梅雨の雨、夏の嵐、秋の土の匂い、冬の張り詰めた空気、春の日差し。

                       ドアを開けたら本当にその時々の風か吹いたような気がしました。

                       

                       11月5日(土)と6日(日)二日間、うどん屋の2階で、

                       その、生活をいける華道「華原の会」のいけばな展があります。

                       

                       秋の野の花が、うどん屋の2階に秋の草原を作るのかなぁ

                       それとも、野原から、空き地の端っこから、

                       思い思いで集まってくるのかな。

                       そんな楽しみな二日間、うどん屋の2階でお楽しみください。

                       見ていただくのは無料です・・・・